小説

小説

【ねえ、君殺人鬼でしょ?】

平穏な日常を愛しすぎる僕が、「君、殺人鬼でしょ?」なんて声をかけられるなんて、どういう次元の歪曲が起こり、この赤い人との因果が不幸にも刻まれたのか、運命の神様に正座をさせて小一時間問い詰めたい。しかし、まくしたてる彼女の発言に僕は何故か、徐々に興味をそそられていく。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました